完全
予約制

お電話でのお問い合わせ
022-398-8451
診察時間:9:00-12:00 / 14:00-17:00

乳がん検診

当院では視触診、マンモグラフィ、乳房超音波検査を組み合わせた検診を実施しています。
検査の方法は患者さま一人ひとりのご相談、お悩みごとにあわせて対応が可能です。
また、検査方法に関する不明点や心配事などございましたら、お気軽にご相談ください。

日本人女性に急増している乳がんですが、早期に見つけて適切に治療すれば高い確率で治癒が期待できますので、定期的に検診を受けるようにしましょう。

当院の乳がん検診について

視触診、マンモグラフィ、乳房超音波検査それぞれの検査について説明します。

視触診の特徴

当院の検査は、すべて女性が対応します。視触診も、女性医師が対応しますので安心して受診できます。

視触診は、視て、触って医師の観察によって検診を行います。
乳房の痛み、しこり、ひきつれ、乳頭分泌物、皮膚の赤み、乳頭の異常などの症状がないか等チェックしていきます。
痛みはないので身体への負担はありません。

しこりの発見で「乳がん」を見つけられますが、しこりとして触れることのできないような小さながんの発見には適していませんので、他の検査と併用することが基本です。

乳がん検診の流れ

当院での乳がん検診の流れは下記のとおりです。

問診

来院した時に問診票をご記入いただきます。乳がん検診歴や家族歴、妊娠の有無や薬アレルギーの有無などについてお答えいただきます。

マンモグラフィ

マンモグラフィとは、乳房専用のレントゲン撮影のことです。検査はすべて熟練した女性スタッフが担当しますので、安心して検査を受けていただけます。乳腺組織の乱れ、しこり、微細石灰化などを見つけ、乳がんの早期発見をします。小さな早期乳がんは、マンモグラフィでしか発見できません。

視触診

問診票の内容をもとに、視診で乳房の形に変形がないか、ひきつれ、発赤の有無などを確認します。触診では、しこりが触れないか、乳頭からの分泌液に血が混じっていないかなどを診察します。

超音波検査

超音波検査には痛みは伴いません。超音波を使って乳房やわきに異常がないかを確認します。超音波検査は、豊胸手術を受けた方にも可能な検査です。デンスブレスト(高濃度乳腺)の方でも、容易に病変を見つけることができます。

結果説明

①〜④の検査結果については、当日中に口頭でご説明いたします。
検査で異常が見つかった場合には、追加で検査を受けていただく場合があります。
状況にもよりますが、すべての検査を終えるまで約半日程度かかります。

完全
予約制

お電話でのお問い合わせ
022-398-8451
受付時間:9:00-12:00 / 14:00-17:00